自分に合ったクレンジング探しと正しいクレンジング方法を知って素肌美人に☆ | 東松戸・流山・柏たなかの美容室・美容院を運営するヘアーラニッシュ

COLUMN

自分に合ったクレンジング探しと正しいクレンジング方法を知って素肌美人に☆

2019.11.04

こんにちは!柏・松戸・流山で美容室を展開するhair Lanish(ヘアーラニッシュ)です♪

女性が毎日行うお化粧と、クレンジング。
毎日のことなので、流れ作業になりがちになっていませんか??
毎日行うクレンジングだからこそ、美肌を目指す為、ご自身のクレンジング方法を見直していきましょう!!

クレンジングが必要な理由

洗顔だけではいけないのか?なんて考えたことはありませんか??
毎日行うお化粧に使われている主な成分は油性であり、洗顔だけでは落とせないのです!
大体のクレンジング剤には界面活性剤という成分が配合されており、その成分により、メイクを落とすことが出来るのです!!
さらに、クレンジング剤にはメイクを落とすだけではなく、皮脂や汗、ほこりや大気汚染などを落としてくれる役割思っているのです。なので、毎日洗顔をすることにより、しっかりと不要物を落とすのが必要だと言われています。

また、クレンジングをしないで寝てしまうと様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

よく、メイクを落とさないで寝るのは顔に雑巾を乗せて寝ているのと同じことなんて言葉を聞いたことはございませんか??

本当にそんな事あるの??なんて疑っている方も多いと思います。

ですが、メイクを落とさずに寝てしまうとお肌にかかる負担はとても大きいのです!!

メイクをしているお肌は通常よりも皮膚呼吸がしにくい状態になっています。また、メイクをしている事によってお肌の水分がどんどん奪われていきます。お肌にとって水分(保湿)はとても必須なのです!!お肌が乾いていることによって肌が荒れる原因にもなります。また、メイクを落とさずに寝てしまう事によって、シミの原因とされているメラニンの発生や、毛穴の黒ずみ、シワなどのお肌の老化を進めてしまうなどの肌トラブルや、毛穴が広がり吹き出物ができやすくなる、顔ダニが繁殖してしまう、お肌に炎症が起き、コラーゲンが破壊されるなどの肌トラブルの原因になります!

さらにメイクを1日落とさないで寝てしまう事は10日老けるとまで言われているのです(T_T)

肌トラブルの恐ろしい所は、1度やってしまうと数日単位で老けてしまう事に対して、お手入れを再開してもそう簡単には若返らないという事です、、、!!

そうならない為にも普段からしっかりとメイクを落としてあげたりスキンケアをしてあげる事が大切なのです!!

アンチエイジングとエイジングケアの違いと年齢に合わせたスキンケア方法でいつまでも若々しい美肌作り対策

 

クレンジングの種類

クレンジングには様々な種類があります。
クレンジング剤によって特徴や役割があることをご存知ですか??

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、濃いアイメイクや落ちにくいリップもするんっと落としてくれ、クレンジング剤の中でも最も洗浄力の高いオイルと言われています。
クレンジングをする際には、ゴシゴシと肌を傷めないよう、目元や口元の濃いメイクから先に落としておいた方が良いでしょう。

ミルククレンジング


水分が含まれていて、乳液のような使い心地のクレンジングで、肌には優しいのですが、クレンジング剤としては、かなり薄いメイクでないと満足に落とすことは、難しいでしょう。マスカラなどを二度塗りしている方は、なかなか落ちないので、ミルククレンジングを使用する際は、目元や口元は先にポイントメイクリムーバーを使い、乾いた手でミルクを取り手の平で温めてから、顔全体に万遍なく塗ってからクルクルと円を描くように馴染ませて、クレンジングしてあげてみると良いでしょう。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングは、クッションのような役割をもっていて、肌への摩擦をおこしてくれます。また、水性タイプと油性タイプの2種類に分けられており、さらに、水性タイプは、オイルフリーとオイルインの2種類に分かれています。

・まつ毛エクステをされている方にはオイルフリーの水性ジェルタイプ

・ナチュラルメイクの方にはオイルインの水性ジェルタイプ

・濃いメイクの方には油性ジェルタイプ

が良いと言われています。

クリームクレンジング

クリームクレンジングの洗浄力は、オイルタイプに比べるとやや劣りますが、肌に潤いを保ちつつ、メイクや毛穴の汚れを浮かせて落としてくれるクレンジング剤で、クッションのような役割りをしてくれる為、肌への摩擦を抑えてくれます。肌に必要な潤いや油分を落としすぎないで、肌が乾燥しやすい時などでもお使いやすいです!!

クレンジングシート

 

シートでメイクを拭き取る事のできるクレンジングシートは、疲れているとき、眠たいけどメイクだけでも落とさなきゃいけない時などや、外出先でも気軽に使えるとても便利なクレンジングです。ですが、肌への摩擦が大きい為、なるべく優しく、ゴシゴシとして使用するのは控えて使用してあげてください。
しっかりとメイクを落とすポイントとして、目元や口元は20~30秒程当てて、馴染ませてから滑らせるように落としてあげてください。顔全体をメイクする際は、できるだけ優しく肌に負担がないよう、全体を拭き取ってあげてください。

正しいクレンジング方法で綺麗に落とす

 

では、メイクを綺麗に落とすための正しいクレンジング方法の基本をおさらいしてみましょう!!

メイクを落とす前に手を洗う

クレンジング前にしっかりと手を洗っていますか??
手に雑菌がついたまま顔に触れてしまうと、ニキビなどの肌トラブルの原因になる事もあるのでしっかりと雑菌を落としてからクレンジングをしてあげましょう。

目元、口元のポイントメイクは先に落とす

メイクを一気に落とそうとすると、無理にゴシゴシしてしまい、肌への負担も大きくなってきます。メイクを落とすときの基本としては、目元や口元は専用のリムーバーを使って先に落としてあげましょう。

乾いた手にクレンジングを

最近のクレンジング剤には、濡れた手でも使用できる商品もありますが、メイクを落とす効果が薄まる可能性もあるので、基本的にメイクを落とした際は、乾いた手で落としてあげましょう。また、クレンジングの量が少ないときちんと落としきれていなかったり、摩擦が直接肌に伝わり肌への負担が増えるので、適量を使うようにしてあげましょう。
皮脂の多い場所は、1番力の弱い薬指を使って優しくクレンジングを行ってください。

ぬるま湯ですすぐ

クレンジングをすすぐ際には、お湯が暑すぎると、お肌に必要な油分まで落としてしまい、乾燥の原因にもなってしまいます。逆に冷た過ぎても、毛穴を閉じ込めてしまい、きちんとメイクオフが出来ない原因にもなります。クレンジングをすすぐ際は、すこしぬるいなと思うくらいの温度の、30~32度位のぬるま湯ですすぎ、洗顔してあげましょう。そのくらいの温度ですすぐことにより、しっかりと汚れが落ちて、その後のスキンケアの浸透力も高まるでしょう。

清潔なタオルで優しく水分を拭き取る

クレンジングをし終わった後の肌を、ゴシゴシとタオルで拭くと、摩擦で肌に負担がかかります。拭くというよりも、清潔なタオルでポンポンとお肌に当てて、水分を拭き取るようにしてあげましょう。毎回清潔なものを使う場合は、タオルの代わりにティッシュを使うのも良いでしょう!!

まとめ

普段何気なく行っているクレンジングにはメイクを落とす他にも様々な理由があるということが分かりましたね。

毎日のことなので流れ作業になりがちですがクレンジングをしっかりと行うことにより、お肌の調子が良くなると思います♪

今行っているご自身のクレンジング方法をしっかり見直してみて下さい!!

正しいクレンジング方法で、キレイなお肌を手に入れましょう。

SNS SHARE