【2020年度】新卒採用情報 | 東松戸・流山・柏たなかの美容室・美容院を運営するヘアーラニッシュ

COLUMN

【2020年度】新卒採用情報

2019.07.04

こんにちは!!

hair Lanish(ヘアーラニッシュ)を運営する株式会社プリュッシュの2020年度、新卒採用情報です。

 

募集内容

【採用情報】

募集要項 アシスタント

応募資格 2020年3月美容専門学校卒業見込み

     2020年3月高校卒業見込み&美容専門学校

     通信課程の入学予定者

勤務地  千葉県【松戸・流山・柏】

初任給  ¥181,000

面接場所 hair Lanish流山セントラルパーク店

手当   交通費(最大¥20,000/月)・店販手当・家族手当

営業時間 10:00〜19:00(休日9:00〜18:00)

休日   完全週休二日​制

【福利厚生】

社会保険・雇用保険・産休・育休

ウィッグ支給(2体/月)

社員旅行 年1回(グアム)

​法定残業代支給

土・日・祝日の有休​可

 

hair Lanish(ヘアーラニッシュ)が求める人材​

ヘアーラニッシュでは『チームサービス』という独自の取り組みを行っています。

美容業界では【指名客数と個人売上】が最重要視されていて、そのための教育を受けて育ち、そのための個人の努力を積み重ねていきます。

それがこの業界での一般的な教育方針であり、提供されるサービスが“個人の能力”に依存しがちなのもこのためです。

それは悪いことではありませんし、カリスマ美容師と呼ばれるハイパフォーマーが排出されるのも指名制度によるところが大きいです。

しかし、美容師という仕事の側面はそれだけではないと弊社では考えています。

というのも、代表の遠藤が独立するまでの間にこの教育制度についてこれずに去っていく美容師を数多く見てきたことに起因しています。

指名制度による教育はいつの間にか美容師という仕事を、数字の目標やノルマ達成のための仕事にすり替えてしまうことが往々にしてあります。

​そういった先輩や同僚を見て、“思い描いていた仕事と違う” “自分にはついていけない”と挫折してしまう美容師が後を絶たないのも現実です。

しかし、そういった人たちが向いていないのは美容師の仕事ではなく、指名制度による教育方針です。

弊社では『お客様に提供するサービスをチームとしてどれだけ高めていけるか』というところにコミットしています。そうして出来上がったのがチームサービス。

もちろん、個人としての能力を磨いていくのは技術職として当たり前のことですが、それ以上に弊社が大切にしていることはチームとしての連携を日々検証し、研究し、訓練していくことです。

良い結果が出た時はみんなで喜び、壁がある時はチームみんなで乗り越える。そんな働き方を私達は大切にしています。そして、その先に顧客様の笑顔があることが私達の誇りです。

hair Lanishではそんなチームの一員になってくれるスタッフを募集しています。

 

株式会社プリュッシュの社内文化

チームワークを大切にしている弊社では、いつの間にかたくさんの社内行事が根付くようになっています。

 

・月に一度、会社経費で全スタッフで飲みに行く『夢を語る会』

 

・レクリエーション&BBQ

 

・毎年恒例ハロウィンパーティー

 

・創業記念パーティーは毎年恒例の銀座「久兵衛」

 

・モデル撮影会もみんなでワイワイ

 

仕事以外のところでも“みんなで楽しく”というサークルのような雰囲気が、いつの間にか社風にもなっています。

 

雑誌の撮影も勉強できる

上記の撮影風景だけ見るとちょっとふざけすぎですが(笑)、hair Lanishが作るヘアスタイルには定評があり、ファッション誌にも多数取り上げていただいてます。

 

 

雑誌の撮影は独特の緊張感があり、貴重な経験ができます。サロンワークとは違った側面を学べるのもまた弊社の良いところ。

ですが、まだまだクオリティーを上げていきたい分野でもありますので、一緒に刺激しあい切磋琢磨していける人材を求めています。

 

サロン見学随時受付中

サロン見学はhair Lanish流山セントラルパーク店にて毎週木曜日に開催しています。

数多くある美容室の中で、自分にあったサロンを見つけるというのは美容学生のみなさんにとってもなかなか難しい課題かと思います。

ミスマッチを少しでも減らすためにも、hair Lanishに少しでもご興味を持っていただけた方はぜひ見学にいらしてくださいね。

実際に私達のチームの雰囲気を感じていただければ嬉しく思います。

 

実際に働いているスタッフのインタビューを採用情報ページに記載してありますので、良ければこちらも併せてご覧ください

スタッフインタビューはこちら

 

SNS SHARE